30代からのホームケアはマスト!

20代の頃は、何もしなくても、しわやたるみなんてあまり気になりませんでしたが、30代以上になれば、毛穴やたるみ、しわ、しみ・・などちょっとずつ気になるところが増えていきます。 そういう私も、「ここ、たるんできてない?」上からあたる光に鏡を見たくないなど 日々実感しています。

皮膚科の先生によると、30代というのは、くすみや乾燥、こじわ、法令線やたるみなどが気になり始めるなどの肌の老化が進む年代なんだそう。
とはいえ、まだまだ美しい30~40代がいることからもわかるように、 ケアをしてあげれば、まだまだキレイに保っていくことが可能です。

私もエステに行って思いましたが、やっぱりそれなりのケアをしてあげればきゅきゅっとあがり毛穴はしまり、肌って変わります。
エステに行かなくても自宅でできることってたくさんあるので、やっぱりケアをするに越したことはないですよね。

【保湿やパックはキホン】
海外の人に比べて日本人の肌はきれいといわれています。
それはやっぱり気候的に水分が多いからのよう。
潤いは美肌にとってかなり大切です。 年齢を重ねると、乾燥や小じわが目立ったりしがちですが、しっかり保湿して潤いのある肌を保つことが大切です。

【かなり重要!たるみ・しみの原因になるUVケア】
40代になるとかなり出てくると言われているシミ。
あとで後悔しないためにも早いうちからの日焼け対策が有効です。(とはいっても、ついつい日焼けしてしまいますが・・自分でも反省です。)
最近ではだいぶ紫外線対策が浸透してきて、便利な日焼け止めグッズがたくさん出てきていますね。(手袋や首まで焼けない帽子とか。) そういうものを利用して、UV対策はしておきましょう。 はやいうちから対策しておけば、シミになる確率が減りますし、後でレーザー治療に行かなくてもよくなるかもしれません。

【美顔器やコスメに頼るのも手】
昔と違って、今はかなりお手頃なお値段で、優秀な美顔器やコスメが手に入るようになってきました。
特に美顔器はかなり進化してます超音波美顔器で血行をアップさせたり、スチーマーで潤いを与えたり、ビタミンCをイオン導入できるタイプのもの、光LEDでたるみ対策のものまで ほんとに豊富です。(美魔女と呼ばれる読者モデルの方も美顔器はかなり使用とよく紹介してますよね。)
自宅でエステ並のケアができてしまうのは今だからこそ♪
アラサー、アラフォーならピーリング化粧品で角質ケアしたり、イオン導入で小じわを撃退したり、美顔器で代謝アップしたり!とこういう美容家電に頼るのも手です。


このページの先頭へ